GTReptiles
GT-Reptilesの運営方針
RodentJapanのサイト内にあります商品紹介でも綴らせていただきましたが、GT-Reptilesの方針は厳選した個体の仕入れ販売は勿論、国内では今までに無い規模の施設による”こだわり”の繁殖個体を販売します。

蛇に関して、これまではアメリカやヨーロッパ等の爬虫類先進国からの輸入による入荷が大半で、飼育者もそれらの個体を欲していたかと思います。やはりブリーダーの数や爬虫類人口で見ると懐の深さが圧倒的に違います。とにかく最新の品種を生産するブリーダー、産地と血統にこだわるブリーダーなど多種多様な選択肢があり、そういった流れは必然的だったと考えます。しかし近年そういった流れも変わり、国内の飼育者や販売者のレベルアップにより、二番煎じではなく日本人ならではのこだわりや技術が垣間見える事が増え、その将来性も明るいと考えます。

大規模なプロブリーダーはBoaやPython等に関わらず”顔”となる品種を持っています。いわゆるMillion Dollar Projectといわれる計画です。数多くの一般種をより多くBreedする運営と、こういった大きなプロジェクトを進める運営がありますが、私どもは後者を選択しています。勿論様々な一般種も提供しますが、大きな取引、発信力、最前線の品種導入などを視野に入れるとこういったプロジェクトを持つ事が必要不可欠となり、趣味の延長ということでは無くビジネスとしての安定も必要となります。
そういった中、構想、実現に数年要しましたが幸運にも国内外の色々な方の支えもありそういったプロジェクトを持つ事が出来ました。勿論一つの計画で終わる事無くこの先も求め続けますが、やっとスタートラインに立てたと考えます。これからは海外の情報や結果を羨ましく思うのではなく海外へ向けて輸出し、外貨を獲得する事も重要だと考えます。既に今までの人生の半分以上を一度も途切れる事無くBoa、Python一筋で生きてきました。
その情熱と経験、センスを元にプロフェッショナルブリーダーとして、お客様に満足して頂ける動物を提供いたします。
About GT-Reptiles
The policy of GT-Reptiles is careful selection of stock and sale of captive breeds from facilities of scale unequaled in Japan.
We import our snakes mostly from countries with a developed interest in reptiles, such as America or Europe. These are the reptiles that the owner himself wants.
Why? Because If we compare the number of breeders and reptile population, the capacity for interesting breeds is so different.
That’s the inevitable result of having so many choices, like breeders of the newest varieties and/or good lineage and birthplace.
But, these movements have been changing in recent years. I think that the future is bright because domestic breeders and owners are growing,
and bringing that highly respected Japanese quality and technical ability to the business.
Boas and Pythons are the face of large-scale pro breeders. That is what we call the Million dollar project.
There are two choices: breeding the regular variety in great numbers, or carrying out a big project. We chose the latter.
Of course we can provide the regular variety. But, we feel it is essential to pursue big projects like big trading, trend-setting, or getting the newest variety.
It is not a hobby. We need to keep our business balanced.
In being able to say that, we have been fortunate to have received the support of many professionals in Japan and abroad for many years.
Needless to say, we won’t finish only one project. We keep looking for goals. But I think that we have reached the start line at last.
Now, we need not envy new information and result from overseas. We need to export.
I have already given half my life to Boas and Pythons without a single break, and I will continue.

GTReptiles
Norio Takada
飼育環境は動物目線で考えており、一般に言われている環境とは異なり独自の飼育方法により飼育、繁殖をしています。

病気や、ダニ等の問題もありません。

綿密な計画による繁殖個体や海外への買い付けによる厳選された個体を販売します。お客様の手元にお届けした後も繁殖、飼育相談等はお気軽にご相談下さい。

会社名
GTReptiles
(ジー・ティー・レプタイルズ)
所在地
〒525-0054滋賀県草津市東矢倉2丁目1-1-106
TEL
090-5255-5485
FAX
077-598-0048
取扱い種類
生体・用品販売
メールアドレス
gtreptiles@cam.hi-ho.ne.jp
代 表
高田 典生

.